渋谷

ユーロスペースで、内藤隆嗣監督の「吾郎の新世界」「梅子」の二本立てを見る。二本とも30分くらいの短編映画。前者はKバレエの宮脇俊太郎主演。後者は大杉漣の遺作。移転して初めて行ったユーロスペースは、ホテル街のど真ん中。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック