アクセスカウンタ

何でもあり日記

プロフィール

ブログ名
何でもあり日記
ブログ紹介
http://boxoffice.jp
にも、お越しください。
zoom RSS

下北沢

2017/11/05 22:21
小劇場B1で、山の羊舎の「うしろの正面だあれ」を見る。初演の印象が強いので、違和感は拭えない。久しぶり(というほどではないと思うが)に下北沢に行ったら、新しい出入り口が出来ていて、駅の中もかなり変貌していた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大門

2017/10/22 00:22
メルパルクホールで、早川惠美子・博子バレエスタジオ公演を見る。トキヒコさまの躍る姿が見られる貴重な公演。最近では一年に一度あるかないかとなっているので残念。しかし、キンヤさんもそうだが、体のキレが変わっていないのが素晴らしい。早川姉妹のように、躍り続けて欲しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


外苑前

2017/10/20 11:10
南青山マンダラで、イェルブのライブを見る。イェルブはスウェーデンのバンドで、和楽器とのコラボ。北欧独特のオーロラサウンドのハーモニーが素敵。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿三丁目

2017/10/15 23:51
紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、劇団東演の「検察官」を見る。後半、特に偽検察官に逃げられた後がちょっとくどい。そのあたりになると、音楽もだんだんしつこく感じるようになる。二時間半くらいにして欲しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


両国

2017/10/14 10:27
両国門天ホールで、みみよりの会の「連れ語り 好色一代女」を見る。連れ語りなど、いろいろと工夫があるが、ちょっと説明過多で、いろいろと盛り込みすぎな印象。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新橋

2017/10/12 21:30
博品館劇場で、劇団NLTの「何をしてたの五十年」を見る。音響機器のトラブルで、15分間の休憩が40分くらいに。博品館も古くなったということか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


南阿佐ヶ谷

2017/10/09 00:15
ひつじ座で、演劇ユニット茶話会の「蛇には、蛇を」を見る。近未来の東北を描いているようだが、そこに民話とか伝説とかがからんで、ちょっとくどい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下北沢

2017/10/08 14:51
駅前劇場で、劇団S.W,A.T!の「君の青空2017」を見る。懐かしいと言えば懐かしいが、出演者も中身もかなり変わっているので、新鮮と言えば新鮮。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月見ル君想ウ

2017/10/06 10:57
一度行ってみたいと思っていた徒歩5分で行けるライブハウスについに初来場。MIMTの「1005804237」を見る。開演5分前に着くとまだ長蛇の列。結局開演が30分遅れるが、何か、それが当たり前のような空気。満席でスタンディングだったのだが、ほとんど見えないので聞くことに集中。要するに「ヘヤー」でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿三丁目

2017/10/06 10:45
SPACE梟門で、劇団匂組の「ミロンガ」を見る。いろんな名前が出てくるのだが、判別が難しいのが難。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


祖師ヶ谷大蔵

2017/10/01 23:25
成城山耕雲寺で、サーティーズ+の「記憶のケルン」を見る。たぶん、初めて下車する駅。駅前の商店街を抜けて、住宅街の先にあるお寺。最近のお寺はどこもきれいなので感激。声が響きすぎるのが、たまに傷。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


笹塚

2017/09/30 23:14
Blue-Tで、なゆた屋の「jellyfish」を見る。カウンター側を舞台にして、通り側のドアの外も使うといういつもとは違う空間の使い方。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下北沢

2017/09/30 12:04
小劇場楽園で、アムリタ・スタイルの「恋人たちの短い夜」を見る。二時間という長い二人芝居。ロマンチックと言えばロマンチックだし、コメディー的要素もあって面白いけど、なんかしっくりしない話。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三越前

2017/09/29 00:02
お江戸日本橋亭で、和の会の「空に乱るるわが魂を」を見る。大出俊を生で見たのは、何年ぶりだろうか。川辺久造と大出俊というかつての二枚目が現役で活躍しているというのは、嬉しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿

2017/09/27 23:54
紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、劇団民藝の「33の変奏曲」を見る。ベートーヴェンがいかにもベートーヴェンなのがちょっと滑稽。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


落合南長崎

2017/09/25 20:23
シアター風姿花伝で、green flowersの「かっぽれ」を見る。人間関係は面白いが、落語一席、芝居で見せるのはちょっと無駄。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明大前

2017/09/25 20:18
マイスペース明大前で、コベントガーデンクラブの「ご相席シーズン2長月」を見る。驚くほど狭い喫茶店に生音楽が入って、中央にある席で繰り広げられる二人芝居。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


洗足

2017/09/23 16:18
プリモ芸術工房で、鈴音工房の朗読×音楽公演「ちゆう」を見る。洗足駅の真ん前のビルの2階。こじんまりとした空間。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


武蔵境

2017/09/23 16:10
武蔵野スイングホールで、朗読と音楽の空間「そらのおと」を見る。既存の小説とオリジナルの二本。いつものライブハウスよりゆったり見られて楽しめたが、三鷹より先というのはやはり遠い。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


池袋

2017/09/21 14:19
スタジオ空洞で、FunIQ×小栗剛の「The Phantom Cowboy」を見る。相変わらずのSFっぽい不思議な作品。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿三丁目

2017/09/18 22:32
SPACE雑遊で、AMMOの「光、さえも」を見る。二十年代のニューヨークが舞台。それらしい衣装を着ているが、ちょっとした動きが日本人にしか見えないとちょっとしらける。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


池袋

2017/09/17 10:54
東京芸術劇場シアターイーストで、演大連のシアタースポーツを見る。四つのチームが即興パフォーマンスを競うという公演。装置、美術、衣装も豪華だし、生演奏入り。客席は若い人が多くて盛り上がっていた。盛り上がらない即興パフォーマンスほどつらいものはない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


恵比寿

2017/09/16 14:45
エコー劇場で、日本劇団協議会の「同郷同年」を見る。ちょっと意外な社会派芝居。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三越前

2017/09/16 14:42
三越劇場で、品川恵子ひとり芝居「坂本龍馬の妻おりょう」を見る。三越劇場、椅子もいいし、並べ方もいいのだが、ちょっと見にくいのがたまに傷。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


三鷹

2017/09/14 23:23
円演劇研究所の発表会「わが町」を見る。三鷹駅から途中水分補給のため休憩して円の稽古場まで。途中で休憩を入れればそんなに遠く感じない。適度にいい運動かも。帰りは三鷹市芸術文化センターに寄って、ひさしぶりに地下のレストランで一人ディナー。1階で上演している風琴工房の公演が開演した後だったので、他にお客さんがいなかったので本当の意味での一人ディナー。というわけで、いっぱい歩いて運動したのに、三鷹駅のFLOで、うっかりケーキを買ってしまった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


吉祥寺

2017/09/11 23:53
吉祥寺シアターで、演劇集団円の「DOUBLE TOMORROW」を見る。舞台の真ん中に大きな丸いテーブル。ちょっとボレロを空想するが、全然違う展開。退屈はしないが、意味不明。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今週も梟門

2017/09/07 23:55
SPACE梟門で、かはづ書屋の「巨獣の定理」を見る。ちょっと江戸川乱歩っぽいけど、乱歩じゃないミステリー。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿三丁目

2017/09/03 22:40
SPACE梟門で、タテヨコ企画の「戦争、買います」を見る。横田作品でないタテヨコは初めて。ということで、ちょっと違和感。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下北沢

2017/09/03 00:04
駅前劇場で、あひるなんちゃらの「お祭りやってるらしいよ」を見る。相変わらず、シンプルにゆるい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中野

2017/09/03 00:01
special colorsで、一人芝居ミュージカル短編集のプレビューを見る。劇場の下見を兼ねての観劇。ウエストエンドの近くだが、周辺はかなり変貌している。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

何でもあり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる