テーマ:二・二六事件

岡田中佐の謎

海軍軍令部の岡田中佐が26日に独自に首相官邸に行った可能性について考えてみる。26日の午後、迫水秘書官が大角海軍大臣に岡田首相の生存を伝えた後、大角大臣が軍令部に真偽を確かめるように命じ、その任を受けて、首相官邸に行ったのが岡田中佐だった。同じ岡田姓なので、親族だと言って潜入できるのではないかと使命されたのだ。そこで、岡田中佐は岡田総理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続き

海軍の機密文書によると、海軍軍令部の岡田為次中佐が、首相官邸に行ったのは、2月27日の午後2時以降ということになる。ということは、その時、岡田総理はすでに官邸を脱出した後だったということになる。岡田中佐の弔問について記述しているのは、決起部隊の池田少尉だけで、福田、迫水の両秘書官も、憲兵隊も一切記述を残していない。ということは、岡田中佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新事実発見

BS1スペシャル「全貌 二・二六事件」は、海軍の最高機密文書についてだが、この中で新事実を発見した。事件当時首相官邸にいた決起軍将校の一人で、無期懲役となった池田俊彦少尉が戦後に書いた「生きている二・二六」という書籍の中で、岡田総理の甥である海軍中佐が総理の遺体と対面する場にいたという記述がある。これについて、岡田総理の次男貞寛氏が、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more