落語界の訃報

円楽師匠の訃報の扱いがどこでも大きい。テレビに貢献していると、やはりマスコミの扱いが大きいということなのだろう。改めて、パンダと同じ日に亡くなった円生師匠がお気の毒だ。円楽師匠は、お年もお年だし、まあ、私的にはどうでもいいのだが、同じ日に、立川文都師匠も亡くなれて、こちらはすごいショック。落語界内部では、こちらの方の衝撃が大きいようだ。なにしろ、まだ50前。談志師匠より先に逝かれるとは。

"落語界の訃報" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント