ガラ・プティパ

wowowで、マリンスキー劇場の「ガラ・プティパ」を見る。プティパの元振付である、コンスタンチン・ケイヘルの「四季」、バランシンの「夏の夜の夢」第二幕、「眠れる森の美女」第三幕のトリプルビル。やはり、バランシンのバレエを見るとほっとする。しかし、先日見たボリショイの「コッペリア」の方がプティパらしさを堪能できた。