ボリショイの「コッペリア」

NHKBSプレミアムシアターで、ボイショイバレエの「コッペリア」を見る。プティパの振付の復刻版。衣裳は華やかだし、音楽はいいし、振付もいいし、楽しいし、退屈しないし、長くないし、最高のバレエだ。オッフェンバックのオペラ「ホフマン物語」と同じ原作なのだが、だいぶ趣が違う。オペラの方は退廃的なムードで、コッペリウスはかなり怪しげ。バレエは、のどかな田舎町の相思相愛の若い男女が無事に結婚できるまでの話に組み込まれていて、コッペリウスもどこの町にも一人はいるちょっとした変人。共通しているのは、音楽が素晴らしいこと。