1984

クラシカジャパンで、イギリス、ノーザン・バレエの「ジョージ・オーウェルの1984」を見る。ジョナサン・ワトキンスの振付。1984年ももう30年以上前のことなので、初めて読んだ時とはだいぶ印象が違う。高橋宏尚がチャリントン氏を踊っている。