ファラオの娘

クラシカジャパンで、ボリショイバレエの「ファラオの娘」を見る。プティパの処女作ということで、復刻上演された。音楽はプーニ。エキゾティックでスペクタクルで、派手で、当時としては喜ばれたらしいが、音楽は月並みだし、ストーリーは荒唐無稽すぎるし、主役のバレリーナの見せ場がやたら多い。有色人種の役を肌にメイクをして踊るというのも違和感がある。淘汰された作品には、やはりそれなりの理由があるものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント