今日もバランシンざんまい

ビデオ(VHS)で、バリシニコフ主演の「放蕩息子」を見て、You Tubeでピーター・マーティンスとスザンヌ・ファレルの「アレグロブリランテ」、キーロフ・バレエの「テーマとヴァリエーション」、スザンヌ・ファレルが若い頃(60年代)の「コンチェルト・バロッコ」を見る。キーロフの「テーマとヴァリエーション」はルジマードフが主演。彼の踊るバランシンを初めて見たが、ちょっとミスマッチな印象。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント