21世紀版「眠りの森の美女」

wowowで、2011年のボリショイの「眠りの森の美女」を見る。こちらも主演はザハーロワ主演。グリゴロヴィッチ版だが、美術、衣装はかなり変わっている。グリゴロヴィッチはカラフルな色彩より、シックで同系統の色合いが好みだ。「白鳥の湖」では、オデットの白、オディールの黒を基準に全体的に白系統の色が使われている。5人の花嫁候補も白系統で統一されていて、民族色をあまり出さない。「眠りの森の美女」の4人の花婿候補も20世紀版では白系統衣装で、民族色は全くなかったが、21世紀版ではカラフルな色調で民族色をはっきり出している。1幕、3幕では子供たちも登場するし、より式典色を出したということかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント