アサルトガールズ

押井守監督「アサルトガールズ」のプレス試写。珍しく、宣伝の方に「ご挨拶させてください」と言われ、名刺交換。「女性の方に興味を持っていただけて嬉しいです」と言われ、周りと見回すと、確かに男性ばかり。何故なのかは、よくわからない。私的には、なんかちょっと有名な押井守という名前と、菊池凛子にひかれたわけだが、覚悟していた以上に「すごい」映画だった。70分というコンパクトさが救い。要するに、映画の世界も、かつて、トーキーになったり、カラーになったりという変革を経て今があるわけだが、明らかに、新たな変革の時が来ている感じ。黒澤明や小津安二郎が生きていてこれを見たら、「日本映画も終わりだ!」と叫ぶだろうが、今現在、そのお二人が存命ではないということ、それが、「時の流れ」というものなのだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック