ゴヤと歌舞伎

午後は、「宮廷画家ゴヤは見た」のプレス試写。ゴヤは主役ではないと、ミロス・フォアマンは言っているが、どう考えてもゴヤが主役。スペイン版のちょっとはしょった平家物語。夜はこまばアゴラ劇場で、木ノ下歌舞伎の「三番叟・娘道成寺」を見る。これだけ見ると、モダンダンスの公演。アゴラにはぴったりな感じ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック