アクセスカウンタ

<<  2018年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


江戸川橋

2018/04/30 23:44
絵空箱で、おのまさしあたあワンマンロードショー「十二人の怒れる男」を見る。十三人の登場人物を一人でやるという企画。ちょっと動きすぎで目が疲れる。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


光が丘

2018/04/29 23:45
IMAホールで、ミュージカル座の「タイムフライズ」を見る。タイムスリップして、行った先が学生運動の真っ只中という、拙作「彼女たちの居場所」と同じ設定。客席は熱狂的女性ファンと、熱狂的男性ファンが微妙に入り混じっている。カーテンコールは総立ちになって、ちょっと居心地が悪かった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東高円寺

2018/04/29 10:37
セシオン杉並ホールで、てんてこ一座を見る。日舞の公演だが、所謂古典作品ではなく、歌謡曲や民謡に合せて踊る老人向け。メンバーに女優さんが何人か交じっているところが魅力。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日暮里

2018/04/28 12:26
dー倉庫で、mizhenの「溶けない世界と」を見る。「かもめ」から着想を得たということだが、ニーナは男性で、トリゴーリンは女性など、あくまで着想。いきなり蜘蛛が登場するし。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西早稲田

2018/04/28 00:40
高田馬場ラビネストで、温泉ドラゴンの「嗚呼、萬朝報!」を見る。初めての劇場。小さい小さいと言う割にそこそこの広さがある。しかし、この芝居も雑遊向きのような。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


高円寺

2018/04/27 10:29
座・高円寺2で、ヒンドゥー五千回の「空観」を見る。タイトルは仏教用語。ということで、台詞のほとんどが日本語じゃない不明な言語。だがムーブメントとして見ると退屈せずに見られた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


品川埠頭

2018/04/25 11:30
品川と言うが、場所は港区。品川から循環バスに乗って行くが、東京入国管理局の前を通るバスなので、ほとんどの人がそこ目当て。つまり、外国人。しかし、皆さん、行き慣れている感じ。コンテナのならぶ品川埠頭に何故行ったかというと、港区の清掃工場の中の資源化センターで家具のリサイクル展をやっているから。そこで、家具を二点(一家族二点までという決まりあり)購入して、再びバスで品川に戻り、アトレでランチ。孤独のグルメに影響されてはまっているメキシコ料理を堪能。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東銀座

2018/04/24 17:49
歌舞伎座で、四月大歌舞伎夜の部を見る。いつかいつかと思いつつ、やっと改築後初めての観劇。改築されたとは言え、ほぼ元の通り。大きく違うのは、東銀座駅と直結していること、3階の東と西が一列になっていること、売店がほとんど地下になったこと、エスカレーターができたことなど。個人的に残念なのが、カレー屋さんがなくなったこと。演目は、仁左衛門初演による「絵本合法辻」。南北の作品らしく、登場人物がどんどん殺される。歌舞伎版の24という感じ。彦三郎さんの弟の亀蔵さんがイケメンなのにびっくり。以前は、帰りは銀座駅まで歩いていたが、東銀座と直結しているので、日比谷線で広尾まで乗って歩いて帰宅。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


両国

2018/04/22 10:50
シアターχで、演劇集団円の「十二夜」を見る。ちょっと流行りのオール・メイル・キャスト。しかし、この作品の場合は効果があるのか疑問。ヴァイオラとセバスチャンが再会する場面は、どうみても男同士にしか見えない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


南阿佐ヶ谷

2018/04/20 23:23
アートスペースプロットで、占子の兎の座布団劇場を見る。落語ネタの「茶漬えんま」「星野屋」と長谷川伸の「掏摸の家」。枝雀の「茶漬えんま」は想像がつくが、やはり実際に見てみたかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿三丁目

2018/04/18 10:46
紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、イッツフォーリーズの「死神」を見る。コメディというよりシリアスなミュージカル。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下北沢

2018/04/14 23:55
ザ・スズナリで、プレオム劇の「妄想先生」を見る。校長先生は登場せず。教頭、その他の先生、生徒すべて女性。どうせなら、校長先生も女性にして欲しかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


下丸子

2018/04/13 22:34
大田区民プラザ大ホールで、山の手事情社の「テンペスト」を見る。二十年ちょっとぶりの下丸子。ちょっと早く着きすぎたかと思っていたら、すでに長蛇の列。しかも、山の手事情社を見そうにないような客層。大田区民は無料!というせいらしい。相変わらずの、エロくて、暗くて、乱暴な舞台。乱暴なシーンで観客の子供が大声で泣き出すという事件もあり。最後の曲が山口百恵で、客入れのお手伝いに”髯さん”がいたことに感激。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東池袋

2018/04/11 00:13
あうるすぽっとで、TOHOKU ROOTS Projectの「星の祭に吹く風」を見る。風の又三郎をもとにした昭和の話と、平成の話。やはり、昭和の方が落ち着いて見られる。前回もそうだったが、客席が淋しいのが、残念。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


渋谷

2018/04/11 00:08
アップリンク渋谷で、「スキマトズレ2018」を見る。短編映画を4本+おまけで1本。舞台を想定している脚本なので、台詞が多すぎな印象。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


清澄白河

2018/04/07 23:46
gift_lab GARAGEで、mielの「みえぬ」を見る。パフェとお土産付きで6000円。パフェはわらび餅入りの和風。はっきり言ってパフェ目的だったので、まあ、満足。欲を言えば、生クリームが欲しかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


仙川

2018/04/06 23:13
せんがわ劇場で、EMC文化倶楽部の「僕らは少年探偵団」を見る。明智小五郎は声のみ。怪人二十面相の正体は?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


吉祥寺

2018/04/06 10:00
吉祥寺シアターで、劇団enjiの「Be My Baby」を見る。メインは階段。ただ、出はけ口がいくつもあるので、結局階段が生かされていない印象。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中目黒

2018/04/01 00:28
ウッディシアター中目黒で、シアター・クラシックスの「ミニプレイとモノローグ」を見る。花見目的なのか、中目黒駅が激混み。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2018年4月のブログ記事  >> 

トップへ

何でもあり日記 2018年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる